ニキビ跡を美容整形の手術で治す

美容整形の手術で治す

にきび跡が凸凹している場合や、色素沈着が起きてしまっている場合、美容整形できれいなお肌にすることもできます。
ケミカルピーリング、ダーマローラー、フラクセル照射(レーザー)、フォトフェイシャルなど様々な方法があります。
それぞれ、費用、期間、効果が様々ですし、その人に最適の治療法は、にきび跡の形状、程度や費用対効果も含めて千差万別です。
ですから、これが一番とはなかなかいえないものです。
新しい技術が次々に導入されて効果があげられていますが、他方、従来の技術でも十分効果があるのならば、費用にあわせて選択するのも賢い方法でしょう。

また、社会人で施術後の赤みや肌の荒れが気になる場合には、施術を長期休暇の前にするなども考えられますが、なるべく一時的な施術後の肌ダメージが少ない方法をとることも考えられます。
ただ、訪れる美容外科によって得意としている施術方法があり、勧められた治療方法が自分のにきび跡ケアのため、コストパフォーマンスが必ずしも最適でない場合もあります。
予約を入れて相談すると、なかなか施術を断りづらい雰囲気となりますが、美容整形の費用は決して安くはありませんし、時にはあわせて高い化粧品を買うよう勧められる場合もありますので、費用、期間、効果とも納得できる施術方法がなければ断る勇気も必要でしょう。

更に、美容外科を選ぶ際にはネットや電話で施術内容を確認し、よいと思ったところを事前に絞り込む努力は必要です。
口コミ等を参考にするのもよいですが、あくまで参考程度にし、自分で納得して決めることが一番だと思います。