ニキビ跡とレーザー治療

ニキビ跡をレーザー治療で治す

レーザー治療といっても、いろいろな種類があります。
にきび跡の程度によっても適切な施術は異なってきます。

赤くなったにきびやにきび跡には、赤い色に反応するレーザーをピンポイントで照射する方法があります。
凸凹のニキビ跡をレーザーで削り取る方法もあります。

フラクタル照射というのも、レーザー治療の一種です。
レーザー照射により皮膚の表面にごく小さな穴を開けることにより、皮膚の古い組織を排出して新しい肌に再生するもので、ニキビ跡の大きな凸凹も改善します。

フォトフェイシャルというのも実はレーザーの一種ですが、光の波長に幅があるのが特徴です。黒いものに反応する光を照射するので、メラニンに反応し、ニキビ跡の色素沈着を改善します。

レーザーと言っても機械や施術方法は様々です。
にきび跡の形状や数、程度、にきびが現在進行中なのか、にきび跡の他にシミも治したいのか、などによってそれに最適な施術方法も違ってきます。
また、費用もまちまちです。
美容外科では医師が施術するので安心ですが、同じ施術でも施術料に開きがあります。
一般に最新の機器を使った場合や、広告宣伝料を多く使っている美容外科は高いといえますが、大手の場合の安心感というのも捨てがたいところです。悩むところですが、同じ種類の施術を受ける場合には、いくつかを比較してみることにより、平均的な価格がわかるはずです。
また、いろいろな施術方法が選べるようなところですと、費用の選択肢も増えてくるので、迷ったら施術方法の多いところに行くのもいいかもしれません。