大人ニキビと思春期ニキビとの違い

大人ニキビと思春期ニキビとの違い

思春期は、体が変化し、ホルモンバランスが不安定になっており、皮脂の分泌が多くなるために毛穴が皮脂でつまってしまいがちです。
そこが悪化してにきびになると言われています。

これは思春期特有のものなので、大人になり、ホルモンバランスが安定してくれば治ってくるのが一般的です。

大人ニキビは、思春期とはちがい、何らかの原因でホルモンバランスが乱れ、肌の新陳代謝が悪くなっている場合に起きると言われています。
この状態は、思春期が終われば治る通常のにきびと違い、何年もの間、原因が改善されない限りつづくので、つらいところです。
ひどい場合は、常に、顔の一部が膿をもって腫れ、治っても凸凹のにきび跡が残ってしまうということの繰り返しで、これが何年も続くとお肌はぼろぼろになってしまいうでしょう。

一般にストレス等が遠因になっているとされますが、そう簡単に職場を変わるわけには行きません。
ただ、思考方法を変えることによって、今まで嫌だとこだわっていたことをスルーすることでストレスを減らすもできなくはありません。もっとも、そこまでいくと精神修行ですね。

大人ニキビの程度によっては、にきび専用の洗顔料や化粧水などでケアを続けて改善することもききますが、しつこい場合には、皮膚科に行って飲み薬等を処方してもらったり、生活指導を受けたりすることもよいと思います。
それでもなかなか治らない場合には、美容外科でのレーザー治療等も考えられます。